大腸がん講演会について(案内)

沖縄県宮古保健所
所長上原真理子
( 公印省略)

日時:平成29年7月5日(水) 15:00~16:30 (受付14:30~)
場所:宮古保健所健康増進室

平成29年度大腸がん議演会実施要項
1 目的
本県では、「健康おきなわ21 (第2次)」に基づき、県民が健康長寿を維持継承し、生きがいに満ちた豊かな人生を送ることを目指して健康づくりに取り組んでいるところである。死亡原因第l位であるがんの対策として、重点目標に受診率向上があげられているが、宮古地区のがん検診受診率(2015年)は、肺・大腸・胃がんは約10%、婦人がんは約30%と低い状況である。また、地域がん診療病院である宮古病院におけるがん登録症例を部位別にみると大腸がんが最も多く64件(2014年)である。
そこで今回は大腸がんに焦点をあて、検診の重要性を認識し、生涯を通じて健やかで充実した生活を営むことができることを目的とし、講演会を開催する。

2. 主催 沖縄県宮古保健所健康推進班

3. 日時 平成29年7月5B (水) 15:00~16:30

4. 場所 沖縄県宮古保健所健康増進室

5. 対象 美容師、理容師、商工会議所、健康づくり推進員、保健指導従事者、がん検診事業担当関係者等

6. 内容
①大腸がん専門医による講話(50分)
題名:「大腸がん検診の重要性について」下地診療所 打出啓二 先生

②患者体験談(20分)
題名:「オストミーになって20年」日本オストミー協会 下地一正

③がん検診の案内(10分)
宮古島市生活環境部健康増進課

※駐車場に限りがございますので、乗り合わせでお越し下さいますょう、ご協力をお願いいたします。

<担当>
沖縄県宮古保健所
健康推進班知花・川満・仲本
TEL : 0980-73-5074
FAX : 0980-72-8446

申込書及び駐車場案内図